SNSが主流の今の時代では「ツイッターの運用」が必要不可欠です。

ツイッターは日本の文化に深く定着しているため、上手に活用することで強力な集客ツールになり得ます。1回のツイートで何十件、何百件とリストを集めたり、1万ものアクセスを集めることも日常茶飯事です。

そんなツイッターを効率的に運用していくためには、

「フォローされたらフォローを返すこと」

が、ものすごく大事です。

ツイッターでの“フォロー返し”は暗黙のルールのようになっていて、こちらがフォローを返さないとよほど有益な情報を発信していない限り、フォローを解除されてしまいます。

なので意外と(特に運用開始初期段階では)大事なのがフォロー返しなのです。

でもこの作業が意外と手間だったりするんですよね。。

そこで使っていただきたいのが今回のツールです。
「自動フォロー返しツールG2型」を使えば全てが全自動です。


これまで一つ一つポチポチしていたフォロー返しの作業も効率化され、時間も手間も圧縮。
運用の効率が上がるために、その分新しい時間を作れることをお約束できます。


それではこのツールの便利な機能や特徴をご覧頂きましょう!



『自動でフォロー返しが出来たらもっと楽なのにな…』
と考えたことはありませんか?

この機能でボタンひとつ、 あっという間に該当するIDを抽出し、
自動でフォローしていきます!




ツイッター運用を上手に行っていくためには
定期的にフォロー返しを行っていくことが大切です。

このツールを使えば、この作業ボタン一つでOKです。

フォロー返しはフォローボタンをカチカチクリック(またはタップ)していく単純作業。
その作業、このツールが代わりに行います!

「低速抽出モードって何?必要なの?」と思うかもしれません。

実はこれはとても重要な機能なんです。APIとはツイッター側が提供しているデータの一つなのですが、自動フォロー返しツールはこのAPIを活用して作業していく仕様になっています。

そのため、フォロワーやフォロー数が増えてくるとAPIにたくさんアクセスをしなければいけなくなるため、エラーになるケースが出てきてしまいます。

そこで大活躍するのが低速抽出モードです。



この機能を活用することでAPIエラーの出現頻度を大きく減らすことが出来ます。

ツイッター運用成功のコツの一つに「複数アカウントを同時に育てる」があります。

どのアカウントが早く成長するか…は市場の動きや、
参入タイミングによって大きく変わるためです。

なので今回この機能をご用意しました。


一度登録したアカウントは今後ドロップダウンメニューから選択するだけで即稼働させることができるようになります。便利ですよ!




いかがでしょうか?

「フォロー返しツールG2型」を使うメリットは、ツイッター運用の手間と時間を減らせるだけではなく、「より高い質での運用を行うことが出来る」ということも忘れてはいけません。

全てを手動で行えばミスが出たり、埋もれたり、見落としも出てきます。しかしG2型はツールですので、そういったミスを減らし、そこで生まれた新しい時間を別の作業に投じることもできます。

自動フォロー返しツールG2型はツイッター運用を効率化したい人はもちろん、
ツイッターを使っている全ての方におすすめしたいツールです。

このツールは無料ですので、
是非気軽に使っていただいて、これからのツイッターライフにお役立てください!








★OS:Windows専用
★CPU : Intel PentiumⅢ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
★メモリ : 512 MB (1GB 以上を推奨)
★ハードディスク : インストール時に必要なハード ディスク空き領域 : 100 MB
必要なハード ディスク空き領域 : 150 MB 以上
★ディスプレイ : 解像度 1024 x 768以上
★IE(Internet Explorer)11以上
★オペレーティング システム :
- Microsoft Windows 7(推奨)
- Microsoft Windows 8(推奨)
- Microsoft Windows10(推奨)
★Windows日本語版のみの対応となっております。
そのため、Windows英語版の日本語化したものやMacでは正常に動作しません。

トップお問い合わせ